ブログ

【はじめてのRWS】①DroggerもAndroidもはじめてなの・・・【RWSで基準局をつくるぞー】

基準局を設置する為、新規でRWSとAndroid端末を揃えた方が対象の記事です。

内蔵Ntripでは、QZSS(みちびき)は出力されません。
F9Pの仕様です。
QZSSを出力したい場合は、こちら

Windows版 Drogger Ntrip Serverを使ってみた

最終的にはRWS単体でwifiに接続し、RWS内蔵のNtripサーバーから、ビズステーションのNtripCキャスターに配信する事になりますが、設定等で一時的にWndows及びAndroid端末を使用します。

RWS内蔵のNtripサーバーの設定に必要な情報は以下の通りです。
・WifiのSSID及びパスワード
・アンテナ位置の緯度経度(10進数表記)と楕円体高

Android端末とWindowsPCに、同じGoogleアカウントを設定する。

Android端末とPCでのファイル共有をするのに、Googleドライブを利用します。

以下 ヒント

複数の Google アカウントを切り替える

アンドロイドのスマホでGoogleアカウントの切り替え


Android端末にDroggerGPSアプリをインストール

Playストアから「Drogger GPS for DG-PRO1(RW)」をインストールします。

android専用アプリのDroggerGPSアプリをインストールします。

Android端末の開発者モードを有効にし、仮の現在地情報アプリをDrogger GPSに設定する。

(準備編)Drogger GPS を使ってみよう!

(準備編)Drogger GPS を使ってみよう!


RWSとAndroid端末をBluetooth接続する。

(Drogger GPS設定その1) Bluetooth設定


DroggerGPSアプリの設定を変更し、RAWデータをロギングする。

アンテナ位置を決定する為に、DroggerGPSアプリでRAWデータを記録する。
①DroggerGPSアプリでRAWデータをロギング
②RAWデータをGoogleドライブにアップロード
③PCでGoogleドライブからRAWデータをダウンロード
④Drogger Processorで解析
⑤アンテナ位置をメモする。

アンテナ位置を決めるだけなので、RTK測位で位置決定する場合はDroggerprocessorでの解析は不要です。

GNSSの設定を変更

計測・更新レートを10Hzから1Hzにする。

最初の画面で「RAW▷」で生データのログをとる。

ロギングの停止


RAWデータをGoogleドライブにアップロード


RAWデータをDrogger Processorで解析

Drogger Processorを利用するには、国土地理院FTPユーザ登録が必要です。
https://terras.gsi.go.jp/ftp_guide.php

【Drogger GPS 設定追体験】僕が新しいスマホでDroggerを使える様になるまで④【RAWデータをDrogger Processorで解析】

以下基準局設定に必要な情報

・緯度・経度の10進数表記での位置情報
・楕円体高をH+ジオイド高から求める

豆知識
DMS

緯度・経度を10進数表記で求める

Droggerprocessorの座標変換ツールを使う

楕円体高を求める

楕円体高=標高+ジオイド高

ジオイドとは(国土地理院のページ)

この場合の楕円体高は45.30

楕円体高なんて飾りよ!


国土地理院FTPユーザ登録をする。

https://terras.gsi.go.jp/ftp_guide.php

登録情報は、Drogger Processorで使います。


Beyond your wall with Drogger

DG-PRO1RWS 内蔵WiFI Ntrip クライアント ほか


関連記事

  1. 【mosaic-go】0.1秒RTCM3を配信する設定【No d…
  2. (3周波基準局)【③ラズパイ起動!初期設定】mosaic-piで…
  3. (2台同時観測)②現場で観測-Droggerでスタティック測量(…
  4. 【1級基準点の旅】マイマップとグーグルマップとDroggerで基…
  5. Drogger基準局には専用Wifi
  6. 【テスト用mini三脚】チョイRTK用三脚【シンワ短脚+下げ振り…
  7. 【ちゃんと配信してる?】SNIP Ntrip Casterで確認…
  8. 【民間等電子基準点の登録 with DroggerRWS】③ G…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP