ブログ

【RTCM3で解析】Ntripで配信されているRTCM3メッセージをスタティック解析しよう【Drogger Processor】

Ntrip配信されているRTCM3メッセージを、Drogger Processorで後処理解析してみよう

概要

①STRSVRでRTCM3メッセージをロギング

②Drogger Processorで解析

RTCM3メッセージをロギング

STRSVRを開く

rtklibの中にあるSTRSVR ダウンロードはこちら

Ntripの設定

受信テスト

ログの保存設定

ファイル名は以下をコピペ

%Y%m%d_%h%M%S.rtcm3

あとは好きな時間だけ放置。

※30秒で、1エポック(一つの解析)なので、最低でも20分(40エポックは欲しいところ)


出来たRTCM3のファイルを確認する。


Droggerprocessorを立ち上げる

平面直角座標系の確認


セッションで、観測時間を指定する。

RTCM3には衛星航法データが含まれていない為、観測時間を教えてあげましょう。

青反転してないとだめみたい。

青反転させたあと、ドラッグアンドドロップ


計算結果

関連記事

  1. 【RTKデジカメ】に!どこでも実寸フォトグラメトリ【Drogge…
  2. 【Droggerどれ選ぶ?】測量で使いたい!機種で選ぶ【移動局の…
  3. 【民間等電子基準点の登録 with DroggerRWS】⑥ 国…
  4. 【Droggerどれ選ぶ?】杭探しランキング!!【独断と偏見で選…
  5. 【設置・観測】(前編)1.GNSS観測データの提出【Drogge…
  6. 【設置・観測】(後編)1.GNSS観測データの提出【Drogge…
  7. 【RTKデジカメ】the sun!どこでも実寸フォトグラメトリ【…
  8. 【Windows版DroggerNtripSever】Drogg…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP