ブログ

(準備編)最小構成!即席電子基準局の作り方

今回は、マイ電子基準局を持たなくても、現地に平面直角座標を持っている基準点を利用して、簡単に電子基準点を作る方法を解説していきます。

使用する機器

DG-PRO1RWS (W-band RTK-GNSSオールインワンパッケージ)

・Andoroidスマホ

・GNSSポール

バイポッド(2脚)

・スマホホルダー

・角電池(006P型

事前準備

RTK2goの登録

・アプリ Drogger GPS for DG-PRO1(RW)のインストール

平面直角座標の緯度経度変換

(ここでは、平面直角座標→緯度経度(60進数)→緯度経度(10進数)の変換を行う)

平面直角座標の取得

地積測量図や街区基準点や国土地理院のサイトなどから、基準局設置予定の座標値を記録します。

基準点成果等閲覧サービス

都市再生街区基本調査及び都市部官民協会基本調査の成果の提供システム

※利用にあたっては、ガイドライン等に従ってご利用下さい。

記録した平面直角座標を緯度経度に変換する

国土地理院などのサイトを利用して、緯度経度に変換します。

国土地理院 緯度、経度への換算

緯度経度の10進数への変換

国土地理院で得た緯度経度は、60進数の表記なので、Droggerアプリで利用する10進数の表記に変換します。

度はそのままで、分を60で割って、秒は3600で割ります。

例:33°00′16.32110″

→33

→00÷60=0

→16.32110÷3600=0.00453364

それを全部足して

33.00453364(10進数)=33°00′16.32110″(60進数)

同じように経度も計算し、

緯度 33.00453364

経度 130.44902317

の数値を記録します。

Droggerアプリの設定

アプリを開きます

歯車をタップして、設定にはいります。

RTKをタップします。

基準局をONにして基準局アンテナ位置と、基準局用キャスターホストを入力します。

先ほど準備した10進数の緯度経度を入力します。

ホストに、rtk2go.com

ポート番号は2101

登録したマウントポイントとパスワードを入力します。

これで準備OK!

→実践編へ

関連記事

  1. 無料で使える!SNIP NtripCasterの使い方
  2. (DroggerGPS)ミスフィックス?ミスFixの検知
  3. (Drogger GPS設定その3) Ntripの設定
  4. 10万円以下でガチで使える1級GNSS測量機を手に入れる!!
  5. 簡単!Droggerでマイ電子基準点④
  6. SNIP NtripCaster でRTCM3を配信する方法
  7. (ベータ版)TCP接続で、安定した通信を!Drogger Ntr…
  8. (Drogger GPS設定その1) Bluetooth設定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP