ブログ

無料で使える!SNIP NtripCasterの使い方

フリーソフトで自前のNtripCasterを持つ!

SNIPは自前で設置するNTRIP Casterです。無料で3つのStreamを使えます。
RTK2goは接続が不安定だったり、なぜかbanされたりという事があります。

そんなときは、自前でNtripCasterを設置してみませんか?
自分でコントロール出来るため、出先でRTK2goが使えなかった!なんて事がなくなりますよ。

それでは、SNIPのインストールについて書き留めます。

でダウンロード出来ます。

ダウンロードしたら、インストールしていきます。

SNIPのインストール

次いで、SNIPを起動させます。

設定方法

起動させたら、RelayStreamsの初期設定を全て消します。

DisconnectしてRemove

SerialStreamsのタブに移り、

Add New SteramからのNext

受信機を認識しているCOMポートを選択して、Baud Rateを選びます。

Configureに入り、

MOUNT PT名を決めます。

CITY/STATECOUNTRYを入力

DATA FORMATはAUTO

GNSSTYPESをチェック

CARRIERS(一周波は1、二周波は2)

あとはNext→Next→Finishで、CONFIGを終わります。

終わったら、Serial StreamsでConnectします。

受信データの確認

Inputでデータ受信を確認。

次に、Caster and Clientsに移動し、Disconnectします。

Caster IPを入力します。ローカルIPです。IPを固定しておくと安心です。

Connectして、

ListeningになればSNIPの設定は完了です。

これで、NTRIP Casterの準備は整いました。

配信データの確認

同じネットワーク内の他のPCから、ブラウザに(ローカルIP):2101 を入力し、

こんなページが表示されれば成功です。

同じローカルネット内なら、RTK測位が使える様になっていると思います。

しかしこのままじゃ、1時間しか使えない・・・

※このままでは評価版ですので、1時間でSTOPします。

連続運用するなら、Helpからfree版へregistrationして下さいね。

外出先から使いたい場合は、ルータのポートを開ける必要があります。

また、配信データは受信機の生データです。

RTCM3で配信するには?

データ通信量を節約するために、RTCM3を配信するにはstrsvrを使ってPushed-In Streamsから配信する方法もあります。

以上、SNIPのインストール方法でした。

関連記事

  1. SNIP NtripCasterを使って配信しています。
  2. 移動局 RTKポールの構成
  3. 【民間等電子基準点の登録 with DroggerRWS】③ G…
  4. (DroggeGPS_Ver.2.11) Softbank×Dr…
  5. (DroggerGPS)ミスフィックス?ミスFixの検知
  6. (DroggerGPS)RWPで観測してみよう!
  7. 簡単!Droggerでマイ電子基準点②
  8. 安!RTKポールを考える!!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP