ブログ

SNIP NtripCaster でRTCM3を配信する方法

SNIP NtripCasterのダウンロードはこちら

SNIPに直接comポートからのsirial接続で受信データを取り込んで配信出来ますが、それだと受信機の生データをそのまま配信しているだけです。

u-bloxのF9Pの生データと比べ、生データをRTCM3にコンバートしたデータを配信するのとでは、通信量が約6分の1程に節約できます。

テザリング等で外出先でRTKする場合も、通信量は少ない方がいいですよね。

今回はSTRSVRを使って、国際規格であるRTCM3にして配信する方法を書いてみます。

SNIPの設定

SNIPのSerialStteamsで設定を消します。

PUSHED-IN STREAMSのタブに移動します。SET UPをクリック。

passwordに、任意のパスワードを設定します。

STRSVRの設定

RTKLIBのSTRSVRを起動します。
INPUTはSerial
OUTPUTはNTRIP serverを選択。

OPTを開いてPort,Bitrateを選択

NTRIP STRSVRの設定
NTRIP CASTER HOST:ローカルIP
PASSWORD:先ほどSNIPで設定した任意のパスワード
MOUNTPOINT:任意

CONVをクリックしてCONVERSIONFROMにチェック
U-BLOX TORTCM3
MESSAGE TYPEを入力

これでSTRSVRの設定は完了です。

SNIPで接続確認

STRSVRをStartさせInput,Outputが緑になれば配信成功です。
SNIPに配信されているはずですので確認してみましょう。

SNIPのPushed-In Streamsで受信を確認します。

Caster and Clientsのタブで、

1Active ConnectionとなっていればOKです。

これで、RTCM3で通信量節約しながら快適なRTK-GNSSを楽しみましょう。

以上、SNIPによるRTCM3配信の方法でした。

NIP NtripCasterの使い方

関連記事

  1. (Drogger GPS設定その3) Ntripの設定
  2. (DroggeGPS_Ver.2.11) Softbank×Dr…
  3. 【民間等電子基準点の登録 with DroggerRWS】③ G…
  4. (Drogger GPS設定その1) Bluetooth設定
  5. 移動局 RTKポールの構成
  6. 簡単!Droggerでマイ電子基準点④
  7. 簡単!Droggerでマイ電子基準点⑥
  8. 安!RTKポールを考える!!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP