ブログ

簡単になったマイ電子基準点の運用

本当に簡単になってきてる

技術の世界は日進月歩といいますが、歩むスピードじゃないですよね。もうね、エンジン付いてる速度ですよ。

数年前に、一周波受信機u-blox M8Tが出て、個人でもGNSSの波を利用出来る様になってからの、ZED-F9Pの二周波受信機の登場で、一気に時代が変わった様な感じがします。

私がGNSSに触れたのはZED-F9Pのトラ技セットからですが、先人の研究のおかげでRTK測位の恩恵を格安で受ける事が出来ました。

とはいっても、当時はu-centerを使ってF9Pの設定から、rtklibでの解析、rtk2goの登録、SNIP NtripCasterでの配信などなど、と知らない単語、理解できない仕組みと本当によく分からない状況でした。

今でも訳の分からない事ばかりですが、本当に技術の進歩でいろんな事が簡単になったなぁと感じます。

今はアンテナ設置が最大のハードル

以前は、英語や専門用語だらけの中での設定やPCの知識、コマンドプロンプトさえまともに扱えないGUI最高!の私にとって、マイ電子基準局の設定は、やはりマニアックでとても大きなハードルでした。

なんとか運用まではこぎ着けましたが、利用する環境も、屋外でタブレット、有線、テザリング等々、基準局制作で得た知識等がなければなんじゃこりゃ状態だったと思います。

それが今では移動局はスマホで一発、無線接続で配線は不要、実はマイ基準局も不要な状態で格安利用が出来る様になりました。

衝撃のビズステーション社製RWXの登場

つい最近の話なのですが、16万円も出せば買えるRWXという機種が1級GNSS測量機として登録されました。

1級GNSS測量機と言えば三桁万円が相場です。

そして解析ソフトも50万円はしますよという世界。

それが16万で解析も出来るという。たとえていうなら、カーナビやエアバッグのオプション満載の軽自動車が200万円で売られている時代に、同じオプション満載で、性能も劣らない、というか国のお墨付きの自動車が16万円で買えますよ。

いや、使いやすさまで鑑みると自動運転レベル2込みで16万円ですよという位の衝撃です。

なんなら、ちょびっとだけグレード落とせば9万円でもオプション満載の自動車(RWP←これも1級GNSS測量機)が買えますよ。

そんな衝撃。

さすがにまだ家電というまでにはいかないが

とはいえ、まだまだ発展途上の過渡期ではある状態です。

素人でも直感的に使えるとはいかないまでも、スマホ取り出すだけで、アプリ起動したらしかも数十秒待つだけで、cm級で位置が特定できるというくらいの簡単さ。

設定などは少し詳しい人にしてもらう必要はあるかもしれませんが。

これからも技術の進歩に期待

わずか数年での、劇的な使用感の変化。

画期的なコア製品(ここではF9P)の登場に伴っての、周辺機器の発達、利用者目線でのソフトウェアの開発。
専門的な製品ほど、メーカーの独りよがりな製品になりがちだった情報革命以前の商品。

この全世界が瞬時に情報を共有出来る様になった今、世界の変化について行くのは大変だけど、その恩恵は確実に人類を豊かにするものと信じて。

関連記事

  1. 簡単!Droggerでマイ電子基準点④
  2. (実践編)最小構成!即席電子基準局の作り方
  3. 福岡県ではソフトバンク株式会社に次いで2局目の「民間等電子基準点…
  4. 格安RTK基準局「ALES」に月額プランが登場
  5. 穴掘り道具
  6. 【民間等電子基準点の登録 with DroggerRWS】③ G…
  7. 電子基準点って、凄いよ!って話
  8. HX-CSX601A GNSSアンテナの覚書

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP