ブログ

(3周波基準局)【⑤mosaic-piを定期的に再起動させよう】mosaic-piでメンテナンスフリーの3周波GNSS連続観測基地局を作製(mosaic-pi)

ラズパイの連続稼働は難しい。
定期的な再起動で安定した運用を目指します。

cron(クロン)で自動リフレッシュ!

cronという機能を使い、ラズパイを定期的に再起動(副次的にmosaic-goも再起動となる)させる。


設定

LXtarminalを起動し、以下を入力する。

sudo crontab -e

1を入力 Enter(テキストエディタのnanoを選ぶ)


nanoエディタが起動し、下記の部分に追加する。

#毎週日曜日の1:00に再起動する
00 01 * * 0 /sbin/reboot

Ctrl+O で書き込み
Enter
Ctrl+Xでnanoエディタの終了。


LXTerminalでcronの再起動

sudo /etc/init.d/cron restart


以上で設定は終了です。

最後にmosaic-goにアクセスして、通信されている事を確認します。


正常な通信が確認出来れば、HDMIケーブルやキーボードマウスを外して、放置です。
壊れるまではNtrip配信してくれることでしょう。

関連記事

  1. 【3周波Drogger】DroggerGPSアプリに接続⇒ファー…
  2. HX-CSX601A GNSSアンテナの覚書
  3. 【Droggerどれ選ぶ?】スタティック測量ランキング!!【独断…
  4. 電子基準局で入手できるデータの種類について
  5. 【はじめてのRWS】①DroggerもAndroidもはじめてな…
  6. 【検証シリーズ】民間等電子基準点OKデータ【HX-CSX601A…
  7. 【補正情報有料・無料?】RTK測位-基準局-はどれにする?【VR…
  8. 【はじめてのRWS】②DroggerもAndroidもはじめてな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP