ブログ

簡単!Droggerでマイ電子基準点④

.UBX 生データを解析

rtklibのstrsvr.exeで取得したデータはをDrogger Processorを用いて解析していきます。

Drogger Processorを起動します。

平面直角座標系を指定します。

新規プロジェクトを作成します。

ログの確認

設定通りにstrsvr.exeでログを収集していたら、こんな感じにログが生成されていると思います。

名前(ファイル名)が****_000000.ubxとなっていて、更新日時が9:00で終わっており、ファイルサイズが約250MB程あれば、それが24時間分のGNSSログデータです。

ファイル名生成時には、strsvr.exeがおそらくUTC(世界時)で作成しているのではないかと思います。

更新日時の表示は、WindowsOSの時間で日本時間です。
日本時間午前9時がUTC0:00なので、上記20220618_000000.ubxは、日本時間6/18 9:00~6/19 9:00までの24時間のログデータという訳です。

これを踏まえて、Drogger Processorの解析時間を設定します。

解析

セッションの+をクリック

6/18の9:00から6/19の9:00を指定します。

セッション名を右クリックしてRawデータのインポート

GNSSログデータを指定し、
データ取得間隔は「30秒」
点番号、点名を入力し、Next

RWSのセットのアンテナを利用している場合は上記の設定に。

受信機RWS (DG-PRO1RWS)
アンテナANN-MB-00 PHSCNT
アンテナ座面高0

Next

この画面は気にせずNext

ubx生データから、自動でRINEXデータが生成されます。

正常に変換出来ればOKです。
※観測日時(GPST)となっていますが、日本時間が表示してあります。とりあえず気にせず、Finish

解析の条件決めになりますが、とりあえずは上記設定でNext

最寄りの電子基準点を3ヶ所選択し、国土地理院のFTPアカウントを入力したらNext

あとは自動で、電子基準点のデータをダウンロードしてくれて、

自動で解析してくれます。ほんと、放置でOK。

正常に完了してくれたみたいなので、解析結果を見てみます。

路線をON

測位データの確認

電子基準点間の閉合差の確認

座標の確認

国家座標!!

これで、電子基準点から三次元網平均計算で算出された、国家座標に準拠・整合した基準点の座標値が得られました。


次は、ntripで配信する為の準備です。


簡単!Droggerでマイ電子基準点①
・機材の準備、接続設定

簡単!Droggerでマイ電子基準点②
・GNSS観測ログ収集

簡単!Droggerでマイ電子基準点③
・Drogger Processorダウンロード、国土地理院FTPサーバ登録

簡単!Droggerでマイ電子基準点④
・三次元網平均計算

簡単!Droggerでマイ電子基準点⑤
・緯度経度の60進数→10進数変換

簡単!Droggerでマイ電子基準点⑥
・Ntrip配信


(参考)

Beyond your wall with Drogger(ビズステーション株式会社ブログ)

Drogger Ntrip Caster

DG-PRO1RWS 基準局でQZSSを出力する Windows版

Drogger Processor ユーザーズガイド

関連記事

  1. (DroggeGPS_Ver.2.11) Softbank×Dr…
  2. 電子基準点って、凄いよ!って話
  3. 簡単!Droggerでマイ電子基準点③
  4. 電子基準局で入手できるデータの種類について
  5. (DroggeGPS) 桜町電子基準点×DroggerでRTKを…
  6. (準備編)Drogger GPS を使ってみよう!
  7. (準備編)最小構成!即席電子基準局の作り方
  8. (DroggerGPS)RWPで杭探し(準備編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP