ブログ

RTKNAVIで自動的にログを取る!

RTKNAVIを使って、Fixさせて楽しんだり仕事に活用したりと何かと面白いRTKですが、その場で楽しむだけでは記録は何も残りません。

現場ではFixしなくても後処理解析でFix率を上げる事だって出来ます。その為に、自動で受信ログを作成し続ける設定にしてみましょう。

Logの設定

RTKNAVIの右上に「L」の文字があるので、これをクリックします。

Log Streamsが出てくるので、Rover,Base Stationにチェックをいれます。

日付と時間で自動ファイル名作成

Log File Pathsに、
【%Y%m%d_%h%M%S.log】
みたいなファイル名にします。

ログの保存場所はrover,baseでフォルダ分けをしておくか、
ファイル名を【rover-%Y%m%d_%h%M%S.log】
みたいにファイル名で管理してみるのもいいかもしれません。

これで勝手にファイル名を日付、時間(UTC-Time)を記録して保存してくれますので、あとはいつもの様にRTKするだけです。

後処理解析用のコンバート

後処理解析したい場合は、RTKCONVにログファイルをいれて、
受信データのFormatを選択(Autoでは上手くいかない。)して
Convertするだけです。

obsファイルとnavファイルが生成されています。

後はRTKPOSTでglonass外したりSNR Maskを調整したりとFix率を高めていきましょう!

以上RTKNAVIでのログの取り方でした。

関連記事

  1. 【民間等電子基準点の登録 with DroggerRWS】②RI…
  2. 福岡県ではソフトバンク株式会社に次いで2局目の「民間等電子基準点…
  3. 安!RTKポールを考える!!
  4. SNIP Rev 3.xが公開されました
  5. (DroggeGPS_Ver.2.11) Softbank×Dr…
  6. SNIP NtripCasterを使って配信しています。
  7. 【民間等電子基準点の登録 with DroggerRWS】概要解…
  8. (DroggerGPS)RWPで杭探し(現場編)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP