ブログ

(実践編)最小構成!即席電子基準局の作り方

準備がまだの方はこちら→(準備編)最小構成!即席電子基準局の作り方

今回は、マイ電子基準局を持たなくても、現地に平面直角座標を持っている基準点を利用して、簡単に電子基準点を作る方法を解説していきます。

実践編

DG-PRO1RWSに電池を入れる

GNSSポールに接続

基準点に立てる

アプリを立ち上げる

startをタップ

以上!!

現地でする事はこれだけです。

DG-PRO1RWSに角電池を入れる。

基準点に立てる

アプリを立ち上げStartをタップする

StatusがRunningになれば即席電子基準局の完成!

あとはRoverでRTKを楽しむだけです。

※200m程度の超短距離でRTKを行う場合は衛星などの配置がドンピシャ一致するので、上空視界があまり良くなくてもすぐFIXするとの情報も!

それでは素敵なRTKライフを!

関連記事

  1. RINGOでRINEXデータの品質を確認する
  2. Windows版 Drogger Ntrip Serverを使っ…
  3. (2台同時観測)①事務所で事前準備-Droggerでスタティック…
  4. 【基準局-何を買えばいいの?】DroggerRWSでRTK基準局…
  5. (ベータ版)TCP接続で、安定した通信を!Drogger Ntr…
  6. RTKNAVIで自動的にログを取る!
  7. 簡単になったマイ電子基準点の運用
  8. 電子基準局で入手できるデータの種類について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP