ブログ

【A級!?】②-Drogger3周波で民間等電子基準点~RINEXファイルの生成~【RZS.D】

SDカードをPCで読込む

プロパティを確認

上記では、11日0時から、12日、13日の23:59:30までの時間が丸々含まれているのでOK。


SBFコンバータでRINEXファイル生成する場合はこちら


RINEXファイルを生成する。

DroggerProcessorをつかって、RAWデータを国土地理院に送る30秒RINEXデータに変換するよ。

DroggerProcessorを開いて新規プロジェクトを作ろう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2024-01-14_15h43_08.jpg

RAWデータをD&D
データ間隔は30秒

受信機とアンテナのシリアルナンバーを入力する

変換が終了したらOK


変換されたRINEXファイルを見つける


RINEXファイルの中身を確認する。

衛星の種類(特にGLONASS)や観測期間を確認しよう。

RINEXファイルは50MB近くあるので、テキストエディタの利用がおすすめ


国土地理院は何度も解析してくれるわけじゃないし、RINGOでRINEXの品質をチェックしてみようかな。


RINEXファイルを国土地理院に送る

https://www.gsi.go.jp/eiseisokuchi/eiseisokuchi41030.html


問い合わせ先

国土地理院測地観測センター電子基準点課調査係(gsi-private-cors+3=gxb.mlit.go.jp(=を@にしてください)))まで、メールを送る

記載内容


・観測期間:年月日年月日までの0:00GPSTから始まる連続3日間
・フォーマット:RINEX・サンプリングレート:30秒
 観測データの変換方法:Septentrio SBFデータよりDrogger Processorにて変換
・概略位置:○○県○○市○○町○○丁目○○番地
・アンテナ:HX-CSX601A 受信機:RZS.D(1級GNSS測量機:登録番号235)
・観測点名:(任意でどうぞ)


RZS.DのRAWデータの拡張子は【※※※.ubx】ですが、中身はSeptentrio SBFデータです。

民間等電子基準点の登録の為のGNSS観測データを提出する旨を添えて、メールを送る。

返信

メールの返信があり、データのアップロード先URLが届くので、RINEXデータを送る。

評価結果の受領

GNSS連続観測データの確認結果」が送られてくる。(1ヶ月以上お待ちください)


関連記事

  1. 【設置・観測】(前編)1.GNSS観測データの提出【Drogge…
  2. 【GNSS観測データの提出】④mosaic-piで民間等電子基準…
  3. Drogger あれ?と思ったら見るページ
  4. (実践編)最小構成!即席電子基準局の作り方
  5. (2台同時観測)①事務所で事前準備-Droggerでスタティック…
  6. マイ電子基準点設置-具体的な費用について
  7. 【Droggerどれ選ぶ?】スタティック測量ランキング!!【独断…
  8. 【民間等電子基準点の登録 with DroggerRWS】③ G…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP