ブログ

漆-RTK測位(septentrio mosaic-x5)トラ技3周波RTKスタータ・キット[高速高精度タイプ]を使ってみる( 格安3周波受信機)

septentrio社mosaic-go(mosaic-X5モジュール)L1,L2,L5の3周波GNSS受信機についての記事です。
トラ技センチメータ級単独測位スタータ・キット[CLAS受信機]はL1,L2の2周波+L6のCLAS受信機ですので、俗に言う3周波GNSS受信機とは異なりますのでご注意下さい。

いよいよRTK測位

Planimetric Plotを開く

現在の測位状況がプロットされている。

DataLink、 RxControlパネル、Planimetric Plotを並べておく

現在の測位精度はメーター級

測位状況はMSAS(SBAS補正)

いよいよRTK測位

DataLinkでConnectする。

次のConnectでRTK測位開始!!

測位状況を確認しよう

RTK Float状態

RTK Fixed状態

成功

でけた

トラ技3周波RTKスタータ・キット[高速高精度タイプ] 記事一覧
① トラ技3周波RTKスタータ・キット[高速高精度タイプ]を準備する

② アンテナ設置、アンテナ線の引き込み

③ 受信機とアンテナの接続

④ Windowsに総合ソフトウェアの【RxTools】をインストール(ドライバもここでインストール)

⑤ Windowsと受信機をUSBで接続

⑥ 【RxTools】で設定

⑦ RTK測位をやってみる

関連記事

  1. 【ちゃんと配信してる?】SNIP Ntrip Casterで確認…
  2. SNIP NtripCaster でRTCM3を配信する方法
  3. 福岡県ではソフトバンク株式会社に次いで2局目の「民間等電子基準点…
  4. 【3周波基準局】mosaic-go X5モジュールのファームウェ…
  5. 【3周波Drogger】買う前に読む。【RZX.Dを買えばいいの…
  6. 参-受信機に接続(septentrio mosaic-x5)トラ…
  7. Droggerおすすめな理由
  8. (RTK-GNSS)移動局の導入費用 – 受信機編 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP