ブログ

(3周波基準局)【④Raspberry Pi Wifi Bridgeの設定】mosaic-piでメンテナンスフリーの3周波GNSS連続観測基地局を作製(mosaic-pi)

ここからは、LXTerminalやテキストエディタに呪文を打込むので、ひとつひとつゆっくりやっていきましょう。


ここから説明


sudoから始まるのはLXTerminalに打込む呪文



呪文はコピーして使おう。


Raspberry Pi OSで、インターネットのブリッジ接続の設定

・Raspberryのブラウザで、このページを表示する。
・LXterminalを起動する。

ラズパイのブラウザを開いて、このページを表示しよう。

このページに書いてあるコマンドをコピーして、LXTerminalに貼付けていくと、手で打込まなくていいよ。

コマンドを貼付けたらEnterで実行するだけだね。

ちなみにGNU nano エディタってのは、テキストを編集するだけだから、コマンドの実行とは違うんだよ。

テキストの編集だから、上書き保存(Ctrl+OしてEnter)
して終了(Ctrl+X)だね。

LXTerminalはコマンドを実行する場所で、
nanoエディタはwindowsでいうメモ帳の事か!理解した。

ブラウザにこのページが表示されて、LXterminalを起動したら準備OK。

コマンドはクリックしてコピー。

LXterminalに貼付け(右クリック→貼付け)したら、Enterキーで実行する。


説明ここまで


ではやっていこう!


LXterminalにコマンド入力

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install dnsmasq iptables minicom
sudo nano /etc/dhcpcd.conf

GNU nano 5.4エディターが立ち上がるので編集する。

nano editor は テキストエディタです。

GNU nano 5.4エディターはこんな感じ

一番下までスクロール(マウスホイールや下キー)し、以下を追記

interface usb0
static ip_address=192.168.137.1/24
static routers=192.168.137.0

追記したらCtrl+O
そしてEnterで書込まれる。

Ctrl+Xでnanoエディタの終了。


ここからLXterminalに戻ってコマンド入力

sudo service dhcpcd restart
sudo mv /etc/dnsmasq.conf /etc/dnsmasq.conf.orig
sudo nano /etc/dnsmasq.conf

GNU nano 5.4が立ち上がる。以下を追記

interface=usb 0 # Use interface usb0
listen-address=192.168.137.1 # Specify the address to listen on
bind-dynamic # Bind to the interface
server=8.8.8.8 # Use Google DNS
domain-needed # Don't forward short names
bogus-priv # Drop the non-routed address spaces.
dhcp-range=192.168.137.50,192.168.137.53,12h # IP range and lease time
dhcp-host=56:1d:69:ea:93:f1,192.168.137.10,mosaic,infinite

一番下の行

dhcp-host=56:1d:69:ea:93:f1

上記ハイライト部分はmosaicのMACアドレスです。
mosaic-go X5モジュール評価版はテストモデルなので、どうやらMACアドレスは同じ模様。
MACアドレスが相違する場合(通常は重複しない)は、ここを合わせて下さい。

MACアドレスの確認方法【arp -a】のコマンドで確認


Ctrl+O で書き込み
Enter
Ctrl+Xでnanoエディタの終了。


ここからLXterminalに戻ってコマンド入力

sudo nano /etc/sysctl.conf

GNU nano 5.4が立ち上がる。

※ここは追記ではない。
#net.ipv4.ip_forward=1
の場所を探して、#だけを消すという作業

27回下キーを押すと見つかるよ。Deleteキーで消してね。

【#net.ipv4.ip_forward=1】の箇所を探す。

そして、【#】だけを削除し、保存して終了

Ctrl+O で書き込み
Enter
Ctrl+Xでnanoエディタの終了。


LXterminalにコマンド入力

sudo sh -c "echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward"
sudo iptables -t nat -A POSTROUTING -o eth0 -j MASQUERADE
sudo iptables -t nat -A POSTROUTING -o wlan0 -j MASQUERADE
sudo iptables -A FORWARD -i eth0 -o usb0 -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
sudo iptables -A FORWARD -i wlan0 -o usb0 -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
sudo iptables -A FORWARD -i eth0 -o usb0 -j ACCEPT
sudo iptables -A FORWARD -i wlan0 -o usb0 -j ACCEPT
sudo sh -c "iptables-save > /etc/iptables.ipv4.nat"
sudo nano /etc/rc.local

GNU nanoが立ち上がる

#fi の下、exit 0 の上に行を追加する

iptables-restore < /etc/iptables.ipv4.nat

Ctrl+O で書き込み
Enter
Ctrl+Xでnanoエディタの終了。


LXterminalにコマンド入力

sudo service dnsmasq start

次のコマンドを実行したら、ラズベリーパイが再起動する。

sudo reboot

ラズベリーパイが再起動する。


再起動したら、ブラウザから【192.168.137.10】にアクセス

mosaicのwebインターフェイスで、NTRIPの通信を確認。


mosaic-goの設定が未了の場合は、ここでmosaicの設定を行う。

mosaic-goの設定はこちら
(septentrio mosaic-x5)mosaicのWebUIで基準局NTRIP配信( 格安3周波受信機)

出来た時はこんな感じでうれしい。

関連記事

  1. 【mosaic-go X5】初期設定だとL5信号配信はGalil…
  2. 肆-ソフトウェアRxToolsのインストール(septentri…
  3. 参-STRSVRでNtripCasterに配信(septentr…
  4. 安!RTKポールを考える!!
  5. 【3周波Drogger】買う前に読む。【RZX.Dを買えばいいの…
  6. 福岡県ではソフトバンク株式会社に次いで2局目の「民間等電子基準点…
  7. 【補正情報有料・無料?】RTK測位-基準局-はどれにする?【VR…
  8. 【RTK基準局の準備】購入先一覧【mosaic-pi基準局運用】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP