ブログ

【SBFファイルをDroggerProcessorで解析したい】DroggerProcessorで、RINEXデータを使って解析する。

事前準備

SBFファイルを、SBFコンバータと、rtkconv.exeでRINEXファイルに変換しておく。

SBFデータはこれ

SBFコンバータで変換したRINEXファイルはこれ

rtkconv.exeで変換したRINEXファイルはこれ

SBFコンバータで変換したものには、アンテナポジションが入っているので、rtkconvで変換したRINEXファイルに移記する。

移記前のRINEX

移記後のRINEX

rtkconvで変換した(アンテナポジション移記済み)のファイルを使って、DroggerProcessorで解析する。

しばしまつ

解析データ

関連記事

  1. 【RTK基準局の準備】購入先一覧【mosaic-pi基準局運用】…
  2. 【mosaic-go】0.1秒RTCM3を配信する設定【No d…
  3. (3周波基準局)【④Raspberry Pi Wifi Brid…
  4. (3周波基準局)【⑤mosaic-piを定期的に再起動させよう】…
  5. (3周波基準局)【③ラズパイ起動!初期設定】mosaic-piで…
  6. (septentrio mosaic-x5)mosaicのWeb…
  7. (2台同時観測)③Drogger Processorで後処理解析…
  8. 【RTCM3で解析】Ntripで配信されているRTCM3メッセー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP