ブログ

(DroggerGPS)ミスフィックス?ミスFixの検知

ミスFixとは

RTKにおいて、一見正しい様に表示されていても、実は誤っているという、なんとも騙された、とても迷惑な状態の事です。

主な原因は、マルチパスなどの環境によるものです。観測地点がオープンスカイではなく、建物がそばにあったりするとミスFixの可能性は廃除出来ません。

完全な再計算でミスFixの可能性を探る

再計算を複数回行うことにより、観測値にばらつきがでないか確認する事で、ミスFixの可能性を探る方法です。
ドロガーアプリで、
メイン画面の [… メニュー] → [レシーバ]→[GNSSホットリスタート]をタップします。

・・・をタップ
レシーバ▶をタップ
GNSSホットリスタートをタップ

これでレシーバの測位状態をリセットし、再計算を行い、その観測値を比較検討する事でミスFixかどうかを検討する材料にします。

ミスFixは、正しいFixかどうかの見分けがつきにくい為非常にやっかいです。

ホットリスタートを活用して、出来るだけミスFixは避けたいですね。


以下、本家様

関連記事

  1. (準備編)Drogger GPS を使ってみよう!
  2. SNIP NtripCasterを使って配信しています。
  3. 簡単!Droggerでマイ電子基準点⑥
  4. Windows版 Drogger Ntrip Serverを使っ…
  5. (DroggeGPS) 桜町電子基準点×DroggerでRTKを…
  6. 【民間等電子基準点の登録 with DroggerRWS】②RI…
  7. 福岡県ではソフトバンク株式会社に次いで2局目の「民間等電子基準点…
  8. 安!RTKポールを考える!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP