ブログ

【土地家屋調査士が使うRealityCapture 1.4】2-日本語化【写真測量でオルソを作ろう】

年間収益が100万ドルを超えない個人・法人なら無料で使える
RealityCaptureのインストールはこちら

【土地家屋調査士が使う Metashape】00_資料集(サンプルデータダウンロード)

サンプルはここからDL出来ます。

【土地家屋調査士が使う Metashape】シリーズで実際に使用した、空中写真やカメラキャリブレーションファイル、対空標識(マーカー)の座標リストがダウンロード出来ます。※サンプルデータの二次利用はお控え下さい。

Metashape_sample.zip (1.47GB程のファイル容量があります。)

ダウンロードしたMetashape_sample.zipを解凍し、上記のサンプルデータでお試し出来ます

Metashapeで使ったサンプルを、RealityCaptureで解析してみよばい!


日本語化

変更された


日本語化されるのは半分くらい

関連記事

  1. 【土地家屋調査士が使う Metashape】11_高密度クラウド…
  2. 【土地家屋調査士が使う Metashape】12_オルソモザイク…
  3. 【土地家屋調査士が使うRealityCapture 1.4】4-…
  4. 【土地家屋調査士が使う Metashape】08_対空標識(GC…
  5. 【土地家屋調査士が使う Metashape】000_パソコンの性…
  6. 【土地家屋調査士が使う Metashape】02_初期設定-グラ…
  7. 【土地家屋調査士が使う Metashape】01_インストール(…
  8. 【土地家屋調査士が使う Metashape】00_資料集(サンプ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP