ブログ

【RealityCapture】ドローン不要!RealityCaptureでオルソモザイク作成【写真測量フォトグラメトリ】

年間収益が100万ドルを超えない個人・法人なら無料で使える
RealityCaptureのインストールはこちら

ドローンがなくても、オルソが出来るぞ!

手順概要

現場にてGCP配置
GCPの座標を取得
写真撮影

RealityCaptureでオルソ作成

・現地にGCP(目印)を配置

GCPばおいて、写真ばとると、実測出来るオルソ画像が出来るったい!

・GCPを測定

GCPはRTKで測っても、トータルステーションで測ってもよかたい!
平面直角座標系の座標値ばつけとくと、土地家屋調査士の仕事とは相性がよかばい!

・写真撮影

今回は1秒インターバル撮影が便利やけんデジカメで撮ったばってん、スマホでもいけるっちゃなかろうか。
300枚(5分)撮ったやつで作っていくぅ

連続写真


ここからPCでの作業

RealityCapture 1.4を起動

画像を読込む

アライメントする

GCPの座標値を取込む

左から点名,X座標,Y座標,高さをカンマ区切りのテキストファイル
(点名,北-南方向,東-西方向,高さ)
平面直角座標系の座標値ばつけとります!

レイアウトを整える

画像1枚1枚に、GCPの位置を教える

2Dsウィンドウで写真を選択

2DウィンドウでGCPをズーム

コントロールポイントの設定

次の写真を2Dsで選ぶ

コントロールポイントの設定

次々に設定していく

最初はざぁっとやってみるたい!

2回目のアライメントを行う

コントロールポイントばもとにアライメントしてくれるけん、なんか誤差とかば表示してくれるようになったばい。

このとき左クリックは離さずに、↓キーを押すと次の画像のGCPのアップが表示されるので便利。

プロセスを開始する

PCのスペック次第で、数時間かかるばい。

オルソ画像を生成する。

オルソ画像を出力

生成されたオルソ画像(tiff)とワールドファイル

CADに取込む

CAD上で計測

AprilTagやマーカーの印刷はこちら
【ターゲット・マーカー】RealityCaptureでGCPを印刷しよう【AprilTag,円形マーカー12bit】


ヒント

座標系の設定


写真の位置情報を無視する(GPSを無視)

GPS Exifを無視【はい】


関連記事

  1. 【地上目標・対空標識】GCP-グラウンドコントロールポイン…
  2. 【土地家屋調査士が使う Metashape】04_写真データをM…
  3. 【RTKデジカメ】the sun!どこでも実寸フォトグラメトリ【…
  4. (フォトグラメトリ)写真撮影位置をcm単位で記録!RTKスマホの…
  5. 【土地家屋調査士が使う Metashape】11_高密度クラウド…
  6. 【土地家屋調査士が使う Metashape】03_写真データをパ…
  7. 【土地家屋調査士が使う Metashape】05_写真データの品…
  8. 【土地家屋調査士が使う Metashape】07_写真のアライメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP