ブログ

【地上目標・対空標識】GCP-グラウンドコントロールポイント-の自作いろいろ【ターゲット マーカー】

写真測量に必要なGCP

写真で見分けられればなんでもいいんだけど、一般的に便利に使われているのは白黒のハイコントラストなチェック柄。

既製品はたかかっちゃんね!

切断砥石355mm+ペイント(600円/枚)

1枚あたり500円くらい

外径355mmだけど、40m上空のMavic2PROで視認できるばい。
最初から中心に穴が空いとるけん、塗料ばぬるだけで出来上がるたい。

道路線引き用は砂がはいっとるけん、耐久性とマット感がGCPに向いとるごたる。

ばってん、ちょっと重とーなるのがでけんごた。

42m上空からの見え方

うちの主力GCP


タイルカーペット50×50cm+布テープ(500円/枚)

少し重い。丈夫。黒ベースだから、汚れても修復しやすい。

高低差ないところでは活躍。(だって重いもん)


パズルマット+布テープ(500円/枚)

軽い。ベースが白だから汚れに弱い

ゴムシートで養生してスプレー


ジョイントマット+ラミネートA3印刷(300円/枚)

42m上空からの見え方

実用度テスト中


直貼りテープ

マンホール+直貼り(ビニルテープ:黄)

42m上空からの見え方

補助GCPとして大活躍


アスファルト直貼り(養生テープ)

42m上空からの見え方

アスファルト直貼り(カラー布テープ:赤)

42m上空からの見え方

A3印刷AprilTag

42m上空からの見え方

実用テスト中。なかなk自動認識はしてくれんばい。

タイルカーペット50×50cm(2枚)

42m上空からの見え方


空中写真はMavic2PROで撮影した写真を、RealityCaptureでオルソ投影まで処理したもの。


関連記事

  1. 【オルソにドローンは要らんのじゃ】デジタル一眼×Droggerで…
  2. 【土地家屋調査士が使うRealityCapture 1.4】1-…
  3. 【土地家屋調査士が使う Metashape】10_対空標識(GC…
  4. 【土地家屋調査士が使う Metashape】03_写真データをパ…
  5. 【土地家屋調査士が使うRealityCapture 1.4】4-…
  6. 【土地家屋調査士が使う Metashape】000_パソコンの性…
  7. 【土地家屋調査士が使うRealityCapture 1.4】3-…
  8. 【土地家屋調査士が使う Metashape】01_インストール(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP