ブログ

【土地家屋調査士のLifehack】支部総会の議事録作成をちょっと便利に。音声の自動文字起こし【お仕事をちょっと快適に】

【 Google Colab 】で無料で文字起こし

Googleアカウントがあれば使える!!
録音した音声から、無料&少ない手順で文字起こしをする。
GoogleColabを使った土地家屋調査士のLifehack

役員のお務め、お疲れ様でございます。
慣れない支部役員の仕事の中に、議事録作成をしないといけない場合もありますよね。
そんなとき、きっと会議は録音していると思います。
その録音した音声を自動で文字に起こし、たたき台をサクッと作って、議事録を作成してみましょう。

事前準備(以下の記事のとおり、自動文字起こしが出来る人)

・googleアカウントでログイン出来る。
・会議の音声(wavファイル、mp3ファイル)がある。

以上

GoogleColabにアクセス、ログイン

https://colab.research.google.com/?hl=ja

ノートブックを新規作成

接続をクリック

RAM
ディスクをクリック

googleが用意しているGPUを利用するので、作業しているPCにグラフィックボードがなくても大丈夫です。

!pip install git+https://github.com/openai/whisper.git

上の呪文をコピペする。

Pythonという種類のプログラム言語が利用出来ます。
あまり気にせず、呪文を唱えてみましょう。

以下の呪文をもう一度入力して再生マークをクリック

import whisper

あなたのPCに保存してある、会議の音声ファイルを、エクスプローラで選択します。
(文字起こしをする音声データを選択)

model = whisper.load_model(“base”)
result = model.transcribe(“ファイル名”)
print(result[“text”])

上の呪文をコピペ

(より、正確な文字起こしをしたい場合は?)
時間はかかるけど、学習言語が多いパラメータを利用したい場合はmodelのパラメータを「large」をする。

model = whisper.load_model(“large“)
result = model.transcribe(“ファイル名”)
print(result[“text”])

再生マークを押すと処理が実行される。
完了までには10分以上かかる事もあるので、とにかく待ちます。
コーヒーでも飲んで下さい。

画像をよくみると、薄々感づくとはおもいますが、完璧な言葉で文字起こしはされません。

改行など、読みやすくはありませんので、必要に応じてChatGPTなどで「読みやすくして」とお願いすれば幾分か読み易くなります。

もっと簡単にやりたい場合は、webサービスで課金プレイして下さい。
課金サイコー!!

関連記事

  1. 【spectacle】Raspberry Pi でスクリーンショ…
  2. 【土地家屋調査士のLifehack】登記情報提供サービスで地番検…
  3. 【土地家屋調査士のLifehack】トランシーバーの代わりにワイ…
  4. かゆいところにGoogle Lens めっちゃ助かる
  5. (PC再活用)古いノートPCをAndoroid化、常設Drogg…
  6. 【土地家屋調査士のLifehack】前に進みたいのに、進めないあ…
  7. 【土地家屋調査士のLifehack】現地を3Dで確認!Googl…
  8. 【土地家屋調査士のLifehack】登記情報提供サービスで範囲検…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP